試合で自滅しないために

テニスは試合中、プレッシャー、緊張、

不安、怒りなど、様々な感情が頻繁に

入れ替わります。

そして、それがプレー面に大きく影響し、

試合結果を左右します。
テニスの歴代最高のプレーヤーとも言われる

ロジャーフェデラー選手も、以前はよく

試合中に怒りを爆発させたりして、あまり

試合のマナーは良くなかったそうです。
それが、アンガーマネジメントを取り入れた

ことでプレーが安定し、世界No.1になりました。

今のフェデラー選手からは、試合中にメンタル面が

乱れるなんて想像できません。
私も若い頃は、テニスの試合中に、自分の

ミスや相手の態度等によくイライラして

自滅していました。

それが、メンタルトレーニングを取り入れて

プレーが安定したら、結果も出るようになりました。
テニスプレーヤーにとって、アンガーマネジメントや

メンタルトレーニングはとても重要なスキル

です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です