内的要因に集中する

高校や大学のテニスの試合では、部員が主審

に入る事柄あります。

本来、主審は中立であるべきなので、味方で

ある選手の試合には入らない方がいいのです。

理由は、味方選手の試合に主審として入る

のを利用して、わざと味方に有利となるよう

なジャッジをする人がいるからです。

ひどい時は、指導者がそのようなジャッジを

させています。
私が指導するチームでは、そんな事は絶対に

させませんが、対戦相手にそのような事を

やられた試合は何度も見たり聞いたりしました。

先日も、指導する選手の一人がそのような

事されて負けてしまいました。
そんな時に私が選手にいつも言うことは
「外的要因に左右されるようなメンタルの

弱さが負けた原因なんじゃないの?」
私は選手にメンタルコーチングもしており

外的要因(主審のジャッジ、風、相手校の応援

やヤジ等)は、自分にコントロールできないの

だから、内的要因(自分にコントロールできること)

に集中しようと話しています。
今回負けた選手は、改めてメンタル面の大切さ

が分かったと思うので、きっとメンタルトレーニング

に更に本気で取り組んでくれることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です