MAQ

スポーツの世界は、デジタル化が進んでいます。

例えばテニスでは、サッカーの確率やボールの

落下地点、選手がボールを打ったポイントが

すぐにデータ化されます。

テレビ中継では、視聴者もそれを確認できる

ので

ただ選手が打ち合うのを見る以外にも、戦術

分析等の楽しみが増えています。
そして野球でも新たな技術が開発されました。

その名も
MAQ(マキュー)
これはボールにセンサーモジュールが

埋め込まれていて、投げたボールのスピード

や回転の分析ができるというものです。

これを使い、ピッチャーの投げたボールを

科学的に解析できるようになると期待されて

います。

もしこれがプロ野球で使われ、テレビ画面に

毎回データが表示されたら、多くの視聴者は

にわか解説者になって試合分析を楽しめるの

ではないでしょうか。
残念ながら、そのボールに埋め込まれた

モジュールは衝撃に弱いので、打たれたら

壊れてしまうそうです。
そのようなボールがテニスにも出てくれば

テニス界もまた盛り上がるかもしれません。
これは、技術の進歩に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です