ネガティブ思考の取り扱い

ある高校生アスリートが私に、ネガティブ思考

について話してくれました。

彼女は高校のチームでメンタルトレーニング

を受けているそうで、講義の中で

「ネガティブ思考は自分の中に入れないこと」

と教わったそうです。

それを聞いた時の、私と彼との会話は、

私「ネガティブかどうかはいつ判断するの?」

彼「ネガティブと思った時です」

私「ネガティブと思った時点でネガティブ思考

が自分の中に入ってない?」

彼「あっ、そうか!じゃあ、どうすれば

いいんだろう。。。」

べつにネガティブ思考になってもいいんです。

大切なのは、それに気付き、ポジティブ思考

に切り替えられるかどうか。その出来事

の見方を変えて見るのも一つの方法です。

例えば、ある物体を横から見たら長方形だけど、

真上見たら円形かもしれない。

現象を様々な側面で捉えることで、見え方や

感じ方が変わります。

何か嫌ことがあっても、いろんな捉え方

をしてみてください。

実はとてもラッキーなことかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です