自己効力感

選手は試合に勝っても負けても、できなかったこと

うまくいかなかったことに意識がいって

しまいます。

そんな時は、

「結果は気にしなくていいから、今の

試合で良かったこと、うまくいったこと

を教えて。」

とお願いします。

そうすることで、自分には良いところが

あったんだ、と気付く事ができます。

そして指導者は、その出来たところを

誉めてあげると、選手は自己効力感が

高まり、次の試合でもチャレンジしよう

と思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です