言語化

先週末は、テニス指導者の研修会に参加しました。

そこで学んだことは、「言語化」することの大切さ。

 

まず、指導者が自分の伝えたいことを選手にどれだけ伝えられるか?

それには、自分の言葉で表現するのではなく、選手が理解出来るような

言葉で伝えることが必要。

 

次に、選手の言いたいこと、思っていることを言語化するための

サポートをすることの大切さ。

言葉にすることで気付きや学びが生まれることが多いので、

選手が自分のことを言語化できるような問いかけを指導者がしてあげる。

 

 

選手、指導者が共通言語で会話ができるようになると、そこから

信頼関係が生まれ、選手のパフォーマンスは最大化します。

 

だから指導者には、「言語化」の能力、コミュニケーション能力が

必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です