指導者を超える選手、超えない選手

私は、選手を少しでも成長させたいと思いながら指導しています。成長とは、その競技においてだけではありません。

いつか競技を離れ社会に出た時に、競技者として学んだり、経験したことが活きるような人になってほしいと願っています。

指導している高校生は、目標設定やメンタルトレーニングなど、部活動で学んだことを受験勉強に活かしてくれています。

そんな話を聞くと、この子はテニスを通して成長してくれたんだと思え、とても嬉しく思います。

では、なんでそのように成長してくれたのか?

私は、部員たちが常にコーチである私から、問いかけられ、考えていたからだと思います。

自分はなぜこの練習をしているのか?

どうすれば効率的に練習ができるのか?

勝つためには何が必要か?

など、いつも顧問やコーチから問いかけられ、考えされられていました。

それが自ら行動することにつながっています。

そうやって、自ら行動するような選手は、いつか指導者を超えて成長していきます。

逆に、何でもかんでも指導者が指示・命令していると、部員は何も考えず、言われたことだけをやる人になります。

そのような部員は、指導者の支配下にあるので、指導者を超えて成長することはありません。

指示命令は必要ですが、そればかりをするのではなく、部員が考えるような問いかけもたくさんしてあげる。

そうやって、部員を成長させてあげられれば、きっといい指導者になれる、僕はそう信じています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です