うっかりドーピング

オリンピックでは、ドーピングの問題が毎回発生しています。

意図的にドーピングする選手もいれば、禁止物質と知らずに摂取してまい

検査でひっかかる場合もあるようです。

 

最近のテニス界では、シャラポアがドーピング検査で陽性となり

出場停止になったことで大きなニュースとなりました。

 

選手たちは結果を出すためにできる限りのことをやっています。

でも、その過程で知らず知らずのうちに禁止物質を使用してしまう

うっかりドーピングによって、大会出場できなくなったら、すべての努力が

水の泡となってしまします。

 

そんなことのないように、スポーツファーマシスト というアンチ

ドーピングの専門家がいるそうです。

そして、スポーツファーマシスト が考案した、うっかりドーピングを

体験するゲーム、「ドーピングガーディアン」というものがあり

先日それの体験会に行ってきました。

 

例えば、試合で結果を出すためにプロテインを飲みたいけど、ドーピングには

引っかかりたくない、そんなジレンマをゲームを通して体験できます。

 

全国で体験会を実施しているので、興味のある選手、コーチ、

スポーツファーマシスト の方は、是非参加してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です