大阪なおみ選手のメンタル

大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝し、同時に世界No.1になりました。

これは日本テニス界にとって快挙です。

私もテレビで見ていましたが、ファイナルセットまで縺れたものの

終始大阪選手が優勢に試合を進めていたように思います。

セカンドセットの終盤でメンタルが崩れなければ、ストレートで勝っていました。

 

大阪選手のメンタルを私なりに分析すると、ポイントはセやはりカンドセットの終盤です。

ずっとリードして試合を進めて、あと1ゲームで勝てるところまできて、なかなか

最後の1ゲームが取れないことに焦りと不安が募り、その感情が表情や態度に出ていました。

この時は感情コントロールができていなかったのです。

結果としてセカンドセットを落としましたが、セット間でトイレットブレイクをして

時間を使って感情を整理し、ファイナルセットにやるべきことに集中すると覚悟を

決めたことが良かったです。

 

ファイナルセットはあえて感情を出さずに淡々と進めていました。

できることに集中し、ポイントが決まったらガッツポーズをして声を出し、自分を鼓舞する。

 

テニスは試合中誰とも喋れないので、感情コントロールがとても大変です。

だからあえてネガティブな感情を爆発させて気持ちを切り替える選手もいます。

 

あなたもしっかりメンタルトレーニングをすれば、大阪選手のように強いメンタルを

手に入れられます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。