母がスマホデビュー

先日l父から連絡があり、母がガラケーをスマホに変えたいから、一緒に買いに行って欲しいとのことでした。そこで早速昨日、買いにいきました。

70歳を過ぎてもまだまだ元気な母ですが、こうやって新しいものに興味を持つことが元気を保つ秘訣なのかもしれません。

早速ケータイショップに行きスマホを手にした母は、

「すごく見やすい!」

と感心していました。これまでのガラケーに比べたら画面は大きいし、画素数も大きいので、高齢者にとってはメリットが大きいんだと気付かされました。

家に帰って簡単に操作方法を説明してあげたのですが、自分では当たり前に使っている用語は極力控え、誰でもわかるような言葉を使いました。

実はテニスを教える時も、初心者には専門用語を使わずに誰でもわかるような言葉で説明するように心がけています。そうしないと、ボールを打つ前の説明を聞いた段階で頭が混乱し、テニスは難しい、やりたくない、って思われる恐れがあるからです。

だから母にスマホの操作方法を説明する時も、難しいことは言わずに、あんなことができる、こんなに便利、などと思ってもらえるようなことだけ伝えておきました。

あとは使いながら慣れていくと思うし、こちらからメッセージを送れば返信してくれると思います。

母とのコミュニケーション手段が増えたので、今後が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。