ダブルスでのコミュニケーション

指導している高校テニス部では現在、夏の団体伝戦出場選手を決めるために部内戦を行なっています。

先日部内戦を見たのですが、5月まで3年生と組んでいたエース格で2年生のAさんが、今までと比べて全然パフォーマンスがよくありませんでした。

試合後にAさんから話を聞いたら、試合中にパートナーBさんと戦術的な話ができず、悩んでいるそうです。

Bさんはノリでプレーし、戦術はあまり考えないタイプ。Aさんはしっかり戦術を考え組み立てていくタイプ。

Aさんが戦術的な話をしようとしても、Bさんはあまり話そうとしないので、Aさんはそれが気になり、自分のパフォーマンスが落ちてしまうという悪循環。

なので、試合後にAさんからどうすればいいか相談をうけました。

ダブルスは、どのペアと組むかでお互いのパフォーマンスが決まります。少しでも違和感があると、それがメンタル面に悪影響を及ぼし、パフォーマンスも落ちる。

この人はやり易い、と思う人と組めると、メンタル面にもいい影響が出てパフォーマンスもアップする。

高校生、大学生を見てきてわかったことは、ほとんどの子は最初は仲のいい友達と組みたがるということ。仲良しだからダブルスもうまくいく!と思っています。

だけどいざ試合をすると、全然噛み合わない。それはなぜかというと、仲がいいから相手に言いたいことが言えず、遠慮してしまうから。

こんなことを言って嫌われたらどうしよう、と考えながらプレーしていたらメンタル面にマイナスに作用します。

だから、そんなペアに私がいつも言うことは、まずお互いに思っていることを言い合える関係性になろう、です。

しっかりコミュニケーションをとって、お互いに信頼関係を構築し、言いたいことを言い合える仲、それがダブルスのペアです。

AさんBさんペアがこれからどう成長していくのか、見守りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。