試合中、何に集中する?

練習中や試合中、コーチから

「もっと集中しろ!」

と言われたことはありますか?

そんな時あなたは、

「はい!」

と言うのではないでしょうか。

でも、それで本当に集中できますか?何に集中すればいいんですか?

この時、もしあなたが

「コーチ、何に集中すればいいんですか?」

と質問てコーチがちゃんと答えられたら、あなたのコーチはメンタルのことをよく知っています。

集中とは、あるものやあることに意識を向けること、です。

例えば、

・フォアハンドの打球音に意識を向ける。

・サーブのトスの位置の位置に意識を向ける

など、具体的であなたにコントロールできることに意識を向けることで

集中力が高まります。

私のメンタルコーチングでは、試合後の振り返りで「何に集中していたか?」を聞くことがよくあります。そうすると、普段集中していることに集中できておらずパフォーマンスが落ちた、ということに気づきます。

調子がいいときは無意識で集中しているから、調子が悪くなった時に何に意識を向ければいいのか分からないのです。

本当にちょっとしたきっかけで、崩れた調子を取り戻す、と言うことがよくあります。

テニスの場合は、試合中に他者からコーチングを受けられないので、セルフコーチングをする必要があります。でも、それができるようになった選手はみんなプレーが安定して、結果が出るようになります。

調子がいい時にこそ、自分は何に集中しているのかをよく考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。