結果ではなく成長にとらわれよう(テニスメンタル)

以前メンタルサポートしていたテニス選手・Aさんの話です。

Aさんと二人で1年間の目標設定をした際、私は最後に「この目標で大丈夫?」と確認したら、「大丈夫です。」と答えてくれました。

ところが数ヶ月して、Aさんはその目標が自分には高いものだと感じ始めたのです。そのためモチベーションも上がらず、なかなか勝てなくなってしまいました。

そこで私はAさんに、目標を下げてみることを提案しました。しかしAさんは、自分で立てた目標は下げたくない、と言って拒んだのです。さらにAさんは、コーチは私に期待していないんだ、と感じてしまい、結局モチベーションが上がらないまま、引退してしまいました。

結果は自分にコントロールすることはできません。でも、自分の行動や思考はコントロールできます。

コントロールできないものにとらわれてしまうと、モチベーションが下がってしまいます。そんな時は自分にコントロールできることに意識を向け、ちょっとずつでもいいから自分は成長いている、と実感できるようにすることをお勧めします。

サッカーの本田圭佑選手は、

成功にとらわれるな、成長にとらわれろ

と言っています。

あなたも成長にとらわれてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。